英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 動詞 > 【第14章 動詞の種類と活用】 14-2 動詞の活用

 
第14章 動詞の種類と活用
  14-1 動詞の種類   14-2 動詞の活用
 


14-2 動詞の活用


日本語の動詞には未然・連用・終止・連体・仮定・命令の6段にわたる語形変化がありますが、英語には原形・過去形・過去分詞形の3段の変化があります。
活用には、原形に−(e)dをつけて過去形・過去分詞をつくるもの(規則動詞)と、原形の母音部その他を独自に変化させて過去形・過去分詞形をつくるもの(不規則動詞)とがあります。
(1)
規則動詞の活用
(a)
語尾変化のしかた
1.
ふつうの場合 → 語尾に−edをつける。
acted、ended、finished、played、walkedなど
2.
原形が−eで終わる場合 → 語尾に−dだけをつける。
agreed、changed、educated、hoped、lovedなど
3.
語尾が「子音字+y」の場合 → yをiにかえて−edをつける。
cry → cried、deny → denied、study → studiedなど
4.
語尾が「1短母音字+1子音字」の場合 → その子音字を重ねて−edをつける。
beg〔beg〕→ begged、stop〔stp〕→ stoppedなど
したがって、母音字・子音字が2つ連続している場合には−edだけをつけます。
look〔luk〕→ looked、jump〔mp〕→ jumped
5.
最後の音節にアクセントがある2音節以上の語の場合 → 最後の子音字を重ねて−edをつける。
omítted、preférred、reférredなど
したがって、前の音節にアクセントのある語には−edだけをつけます。
éntered、límited、óffered、vísitedなど
なお、語尾が−cで終わる語はkを加えてから−edをつけます。
mímic(まねる)→ mimicked、pícnic → picnicked
(b)
−(e)dの発音
1.
〔d〕:原形が〔d〕以外の有声音で終わる場合
called〔k:ld〕、dined〔daind〕、lived〔livd〕など
2.
〔t〕:原形が〔t〕以外の無声音で終わる場合
liked〔laikt〕、reached〔ri:tt〕、washed〔wa〔t〕
3.
〔id〕:原形が〔d〕、〔t〕で終わる場合
handed〔hǽndid〕、started〔stá:(r)tid〕など
[注] 原形が〔d〕、〔t〕で終わっていない語でも、形容詞化した過去分詞の−edは〔id〕と発音されることがあります。
aged〔éidid〕(年老いた)、  learned〔l:(r)nid〕(学識のある)、
ragged〔rǽgid〕(手荒い)など

(2)
不規則動詞の活用
不規則動詞の総数は約200語(派生語を含めると約300語)といわれますが、その活用のしかたをみると、いくつか似た変化をするグループに分けることができます。
1.
A−A−A型(原形・過去・過去分詞が同形のもの)
burst(裂ける) burst burst
read〔ri:d〕(読む) read〔red〕 read〔red〕
2.
A−A−B型(原形と過去が同形のもの)
beat(打つ) beat beaten(beat)
browbeat(威圧する) browbeat browbeaten
3.
A−B−A型(原形と過去分詞が同形のもの)
come(来る) came come
run(走る) ran run
4.
A−B−B型(過去と過去分詞が同形のもの)
build(建てる) built built
say〔sei〕(言う) said〔sed〕 said〔sed〕
5.
A−B−C型(原形・過去・過去分詞がみな異なるもの)
begin(始まる) began begun
write(書く) wrote written
6.
その他の型
・2種の変化をするもの
burn(焼く)
burnt
burned
burnt
burned
light(火をつける)
lit
lighted
lit
lighted
・助動詞 − 現在と過去だけで過去分詞はない
can(できる) could
may(かもしれない、してもよい) might
shall(〜であろう) should
will(〜しよう) would
dare(あえてする) dared
[注] must、need、oughtには現在形しかありません。なお助動詞と時制との関係については、後続の「助動詞」の項であらためて説明します。

(3)
活用のまぎらわしい動詞
英語の動詞の中には、形は同じでも一方はある語の原形、他方は別の語の過去形であったり(例:lay)、また原形は同一でもその意味のちがいから過去・過去分詞形が異なってくるもの(例:hang)など、まぎらわしい変化をするものがかなりあります。これらについては、よく文脈を検討し、慎重に識別する必要があります。

原形
過去形 過去分詞形
bind
bound
しばる
はね返る
bound
bounded
bound
bounded
fall
fell
落ちる
切り倒す
fell
felled
fallen
felled
find
found
見出す
建設する
found
founded
found
founded
fly  
 
flee
flow
飛ぶ  

逃げる

  逃げる
流れる  
flew
fled
 
 
 
flowed
flown
fled
 
 
 
flowed
grind
ground
すり砕く
基礎づける
ground
grounded
ground
grounded
hang
hang
掛ける
絞殺する
hung
hanged
hung
hanged
lie
lay
lie
横たわる
横たえる
うそをつく
lay
laid
lied
lain
laid
lied
rend
rent
  rent
rented
rent
rented
see
saw〔s:〕
sew〔sou〕
sow〔sou〕
見る
縫う
のこぎりでひく
種子をまく
saw〔s:〕
sawed
sewed
sowed
seen
sawn(sawed)
sewn(sewed)
sown
sit
set
すわる
据える
sat
set
sat
set
wind〔waind〕 巻く、うねる
wound〔wu:nd〕 傷つける
wound〔-au-〕
wounded〔-u:-〕
wound
wounded


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています