英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > > 【第2章 語(8品詞)、句と節】 2-1 語(8品詞)

 
第2章 語(8品詞)、句と節
  2-1 語(8品詞)  2-2 句  2-3 節
 


2-1 語(8品詞)


英語では、文の構成要素としての語を文中における位置や働きによって通常8種類に分け、それを8品詞と呼んでいます。
一般に8品詞には、名詞、代名詞、形容詞、副詞、動詞、前置詞、接続詞、間投詞が含まれます。

(1) 名詞・代名詞
人や事物の名称を表す語を名詞といい、名詞の代わりに用いられる語を代名詞といいます。
Mr. Yoshida is a young salaried man.
 (吉田さんは若いサラリーマンである)
He works for a trading company.
 (彼は貿易会社に勤めている)
〔名 詞〕

〔代名詞〕

(2) 形容詞・副詞
名詞・代名詞を修飾する語を形容詞といい、動詞・形容詞および他の副詞を修飾する語を副詞といいます。
Many aged people desire to work after retirement.
  (多くの高齢者は退職後も働きたいと望んでいる)
Women workers are increasing more and more.
  (女性労働者はますます増加している)
〔形容詞〕

〔副 詞〕

(3) 動詞
人や事物の動作や状態を表す語を動詞といいます。助動詞も分類上、動詞の中に含めて扱われます。
Close the door securely.
  (きちんと戸締りをしなさい)
You must do it yourself.
  (あなたはそれを自分でしなければなりません)
〔動 詞〕

〔助動詞〕

(4) 前置詞
名詞や代名詞の前に置かれて、その語と文中の他の語との関係を示す語を前置詞といいます。
He came to Japan with us last year.
  (彼は去年私たちと一緒に日本に来た)
He works in this factory from nine o’clock until five o’clock.
  (彼は9時から5時までこの工場で働いている)

(5) 接続詞・間投詞
語、句、節などを結びつける働きをする語を接続詞といい、また感情や呼びかけを表し独立して用いる語を間投詞といいます。
I hope that all of us live a long and happy life.
  (私は、みんなが長生きして幸せな人生を送ることを希望している)
Oh, how happy I am to see you!
  (まあ、うれしいわ、お会いできて)
〔接続詞〕

〔間投詞〕
〔注〕
品詞の区別はその語の文中での働きで決まるので、同じ語でも使い方が異なれば品詞も異なってきます。
Paris is often called the City of Light.
  (パリはよくの都と呼ばれる)
The room was wide and light.
  (その部屋は広々として明るかった)
They began to light candles all at once.
  (彼等は一斉にろうそくに火をつけはじめた)
〔名 詞〕

〔形容詞〕

〔動 詞〕
なお、各品詞の使い方の詳細については、第5章以降の各章を参照してください。


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています