英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 文の転換・語順 > 【第35章 語順】 35-1 平叙文における定型の倒置

 
第35章 語順
  35-1 平叙文における定型の倒置   35-2 倒置によらない強調構   35-3 省略構文   35-4 挿入構文
 


日本語、英語を問わず、どの国語にも長い歴史の間に固定された伝統的な語順があり、人々は無意識のうちにそれに従っています。語順における一定の型がそれぞれの国民の言語意識の中に深く浸透し、それが独特の言語文化を形成してきました。
この章の冒頭でも、日英両国語の語順の根本的な相違についてその一端を紹介しましたが、以下、倒置・強調・省略・そう入等の諸構文について要約してみましょう。


35-1 平叙文における定型の倒置


英文、とくにその平叙文においては「主語 + 動詞」が正規の語順であることは周知のことですが、特定の語句を強調することによって動詞や助動詞が主語の前に置かれることがあります。これを倒置といいます。
ここではとくに補語や目的語あるいは修飾語(句)が強調されて文頭に出たため、主語と動詞の順序が転倒する場合と、前文との関係から後続する文中で定型が倒置される場合について述べてみましょう。

(1)
補語の強調による倒置
A remarkable man was his father. (彼の父親は非凡な人であった)
Great was our president’s satisfaction.
 (社長の満足はたいへんなものであった)
[注]
上の例のように補語が文頭にきて定型倒置がなされるのは、修飾語句が付いて主部が長くなった場合によく見られます。
したがって、主語が代名詞であったり、短い場合、あるいは補語が「the + 比較級」で修飾されている場合には倒置しないこともあります。
A great man he was. (=What a great man he was!)
 (彼は実に偉大な男であった)
The more learned a man is, the more modest he should be.
 (人は学問があればあるほど謙虚であるべきだ)

(2)
目的語の強調による倒置
この構文は最近はあまり用いられませんが、主語が人称代名詞で、目的語に否定を表す語句やonly、manyなどの強調語句が伴う場合に見られることがあります。
No address had he written upon the document.
 (→ He had not written any address on the document.)
 (彼はこの書類に住所は書かなかった)
Only a few persons did I know among the attendance.
 (出席者の中で私の知っていた人はほんのわずかだった)
なお補語の場合と同じように、目的語が「the + 比較級」で修飾されている場合は倒置しません。
The more (things) he gets, the more (things) he wants.
 (彼はもうけが多ければ多いほど、ますます多く欲しがる)

(3)
副詞(句)
Down came the stock price at once. (株価は一挙に下落した)
Upon very slender arguments do they build up their opinions.
 (きわめて貧弱な論拠に立って彼らは意見をたてる)

(4)
ifを省略した条件文における倒置
Had I (=If I had) the money, I would buy it.
 (私にその金があったら、それを買うのだが)
Should there be (=If there should be) any fresh developments, we will communicate with you.
 (何か新しい進展があったらお知らせします)

(5)
直接話法で伝達部(「だれだれが言った」)が被伝達文(“――”)の途中または後に置かれた場合 ―― とくに伝達部の主語が名詞のとき
“Yes,” said Tom, “I usually join my family for supper.”
 (トムは言った「ええ、たいてい夕食は家族と一緒ですよ」)
“I’m sorry, I can’t help it,” replied the shop assistant.
 (「残念ですが、応じかねます」と店員は答えた)

(6)
「〜もまた」の意味のso、neither、norが文〔節〕の先頭に置かれた場合
The door was shut, and so were the windows.
 (ドアも閉まっていたし、窓も閉まっていた)
He didn’t go there, and neither did I.
 (彼はそこに行かなかった、私もまた行かなかった)
The story is too long, nor is the style easy.
 (話が長すぎるし、文体も易しくはない)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています