英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 準動詞


準 動 詞
 
第18章 不定詞の用法
18-1 toつき不定詞の用法(T)
18-2 toつき不定詞の用法(U)
18-3 原形不定詞の用法

第19章 分詞の用法
19-1 形容詞的用法
19-2 補語として
19-3 名詞的・副詞的用法
第20章 分詞構文
20-1 分詞構文の時制・態
20-2 分詞構文の文中での位置
20-3 分詞構文の用法と意味

第21章 動名詞の用法
21-1 動名詞の名詞的性格
21-2 動名詞の動詞的性格
21-3 動名詞の意味上の主語
21-4 動名詞の慣用表現
21-5 動名詞と不定詞



準動詞(Verbals)とは
1. 定動詞(finite verbs)が主語の人称・数または時制・法などによって様々に語形上の制約をうけるのに対し、これらによって制限をうけない動詞を準動詞と呼びます。準動詞は動詞でありながら同時に名詞・形容詞・副詞などの性質も帯び、不定詞・分詞・動名詞の3種が含まれます。
2. 不定詞(infinitive)はふつう「to + 動詞の原形」で表されますが、toのつかない不定詞もあります。前者をtoつき不定詞といい、後者をtoのない不定詞または原形不定詞と呼びます。不定詞には、文中での働きによって、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法の3つの基本用法があります。
3. 分詞(participle)には現在分詞過去分詞の2つがあり、いずれも動詞の性質も帯びながら形容詞あるいは補語として用いられます。現在分詞は「動詞の原形 + −ing」で表されますが、過去分詞は規則変化の動詞では「動詞の原形 + −(e)d」、不規則変化の動詞ではそれぞれ特有の形を持っています。現在分詞・過去分詞の呼び方は形式上便宜的につけられたもので、それがつねに現在や過去を表示するものではありません。
4. 現在分詞・過去分詞が時間・理由・条件などを表す副詞節と同じような意味で用いられることがあります。この場合、分詞をふくむ構文を分詞構文と呼びます。
5. 動名詞(gerund)は「動詞の原形 + −ing」で表され、形の上では現在分詞と全く同じです。しかし現在分詞が動詞と形容詞の性質をもっているのに対し、動名詞は動詞と名詞の働きを兼ね、冠詞や形容詞をとるほか、複数形で用いられることもあります。


このページのTOPへ
BEFORE NEXT

 












[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています