英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 英文和訳・和文英訳の要点 > 【第36章 英文和訳の要点】 36-1 英文和訳の基本姿勢

 
第36章 英文和訳の要点
  36-1 英文和訳の基本姿勢   36-2 英文和訳の実際上の問題点とその処理
 


36-1 英文和訳の基本姿勢 ―― 日本語らしい日本語に


Translators are traitors.(翻訳者は反逆者である)ということばがあります。ショッキングな言葉のようですが、たしかに言語体系を異にする他国語を自国語に移植する作業は容易なものではありません。まして風俗・習慣を異にし、思考形式もほとんど正反対といえる日英両語間において、その完全な翻訳は無謀に近く、反逆行為といってもよいかもしれません。
しかしより新しく、正確な情報を海外から吸収・消化し、伝達する能力が益々募っている昨今、いたずらに嘆いているわけにもいきません。
英文和訳といっても、英文そのものの内容・程度と訳者の能力、作品の期待価値によって、そのめざすところも一様ではありません。
第一段階としては、冒頭に述べた英文和訳の根本を念頭に置きながら、原文の意味・内容が誤りなく伝えられればそれでよいと腹をくくり、できるだけ平易で簡潔な表現を工夫してみましょう。
なお実務英文の翻訳にあたっては、いわゆるSix C’sが求められます。
Conciseness(簡潔性)、Clarity(明瞭性)、Concreteness(具体性)、Correctness(正確性)、Consistency(一貫性)、Completeness(完全性)の6つです。
たとえば原文の形式にこだわらず、Say the truth. は「真実を言え」よりも「うそをつくな」に、I would die before telling her about it. は「私は彼女にそのことを言う前に死ぬだろう」を「私は死んでも彼女にそのことは言いたくない」のように、肯定形式を否定形式に訳すこともできます。
また逆に、The machine does not start operation until both the switches are pressed. では否定形式を肯定形式にかえて、「この機械はスイッチを両方押してはじめて動き出す」と訳したほうが、日本語としては自然な言い方になるかもしれません。


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています