英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 時制の一致と話法 > 【第26章 時制の一致】 26-2 時制の一致の適用を受けない場合

 
第26章 時制の一致
  26-1 時制の一致の適用を受ける場合   26-2 時制の一致の適用を受けない場合
 


26-2 時制の一致の適用を受けない場合


従節が一般的真理、現在なお続く状態や習慣、歴史上の事実、その他特殊な場合には時制の一致の適用は除外されます。

(1)
一般的真理を表す場合
Galileo maintained that the earth moves around the sun.
 (ガリレオは地球が太陽のまわりを動くのだと主張した)
 〔比較〕Ptolemy believed that the earth was flat.
   (プトレミーは地球は平らだと信じた ―― 真実に反するのでisではなくwas)

(2)
現在なお続く状態や習慣を表す場合
The station master told me that the first train starts at five.
 (駅長は始発電車は5時だと私に言った)
He said that he rises early every morning.
 (彼は毎朝早起きすると言った)
ただし習慣的な事柄でも現在どうなっているかを考慮しない場合には過去形にすることができます。
He said that he rose early every morning.

(3)
歴史上の事実を表す場合
We learned that the French Revolution broke out in 1789.
 (私たちは1789年にフランス革命が起きたことを学んだ)

(4)
事実上の現在・未来を表す場合
Yesterday he told us that he is going overseas next week.
 (きのう彼は来週外国へ行くとわれわれに言った)

(5)
仮定法が用いられる場合
He said (that) if he were wealthier, he would assist them with funds.
 (もっと裕福だったら彼らに資金を援助するのだがと彼は言った)

(6)
比較を表すasやthanに導かれる場合
At your age, I did not study as〔so〕hard as you do.
 (君の年頃には、私は君ほど熱心に勉強しなかった)
Japan was previously more mysterious than it is today.
 (日本はかつては今日よりもっと神秘的であった)

(7)
must、ought (to)、need not、had betterが用いられる場合
I thought I must write to him at once.
 (私はすぐ彼に手紙を書かなければならないと思った)
He said that you ought tohad better, need not〕go.
 (君が行くべきだ〔行ったほうがよい、行く必要はない〕と彼は言っていた)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています