英文法大全/英語学習




名詞・冠詞代名詞形容詞・副詞比較動詞助動詞準動詞
時制・話法関係詞前置詞・接続詞・間投詞文の転換・語順英文和訳・和文英訳の要点



Google

文の構成
語(8品詞)、区と節
主要文型
文の種類
名詞・冠詞
名詞
冠詞
代名詞
人称代名詞の用法
指示代名詞の用法
不定代名詞の用法
疑問代名詞〔形容詞・副詞〕の用法
形容詞・副詞
形容詞
副詞
比較
比較
動詞
動詞の種類と活用
動詞の時制
助動詞
助動詞の種類と特徴
助動詞の用法
準動詞
不定詞の用法
分詞の用法
分詞構文
動名詞の用法
受動態の形式
受動態の意味と用法
命令法
仮定法
時制の一致と話法
時制の一致
話法
関係詞
関係代名詞の用法
関係形容詞・関係副詞の用法
複合関係詞
前置詞・接続詞・
間投詞
前置詞
接続詞
間投詞
文の転換・語順
文の転換
語順
英文和訳・和文英訳の要点
英文和訳の要点
和文英訳の要点

HOME > 助動詞 > 【第17章 助動詞の用法】 17-2 have、had

 
第17章 助動詞の用法
  17-1 be   17-2 have、had   17-3 do、does、did   17-4 should、would   17-5 can、could   17-6 may、might   17-7 must   17-8 ought to   17-9 need   17-10 dare   17-11 used to
 


17-2 have、had


have、hadはそのあとに過去分詞・不定詞を伴って、完了時制や他の助動詞の代用をしたり、使役・受動なども表します。

(1) 「have + 過去分詞」= 完了形(→「完了時制」)

(2)
「have + toつき不定詞」(=must)
必要・義務を表し、とくに過去・未来・完了の諸時制や仮定法ではmustの代わりに用いられます。
We have to〔must〕consider all the possibilities.
 (我々はあらゆる可能性を考慮に入れるべきだ)
He had to raise money by mortgaging his land.
 (彼は自分の土地を抵当に金を調達しなければならなかった)
We shall〔will〕have to set up a budget for research and development costs.
 (研究開発費の予算を組まなければならないだろう)
[注]
口語ではhave toのかわりにhave got toも用いられます。
I have got to (=must) attend the committee meeting this evening.
 (今晩の委員会の会合には出席しなければならない)

(3)
「don’t have + toつき不定詞」(=need not)
have toの否定形で、「need not + 原形不定詞」と同様に「〜するにはおよばない」と消極的な「不必要」を表します。
なお、強い禁止を表すときにはmust not(「〜してはいけない」)を用います。
You don’t have to (=need not) go to the office today.
 (きょうは出勤する必要はない)
You must not go to the office today.
 (きょうは出勤してはならない)

(4)
「have 目的語〔物〕+ 過去分詞」
この形は、1 「〜させる」の意味で使役を表す場合と、2 「〜される」の意味で受動を表す場合とがあります。
なお、1 2 ともに目的語は「物」を表す語が用いられます。
We are having some samples shipped from Japan.
 (日本から見本を送らせようと思っている)
I had my pocket picked in a crowded train.
 (私は満員列車の中で財布をすられた)
〔使役〕

〔受動〕

(5)
「have 目的語〔人〕+ 原形不定詞または現在分詞」
これも 1 「〜させる」  2 「〜される」 の意味を表しますが、目的語は「人」を表す語が用いられます。
I’ll have one of our guides show you around the factory.
 (案内係のだれかに工場を案内させましょう)
I don’t like to have others order me about.
 (私は他人に使いたてられたくはない)
〔使役〕

〔受動〕

(6)
「had better 原形不定詞」
「〜したほうがよい」の意味で、忠告や勧誘を表す言い方です。ただし、語調が強く、目上の人には用いないほうがよいとされています。
口語ではしばしばYou hadはYou’dと短縮形をとり、発音も〔jud〕とごく軽く、時にはhadが省略されることもあります。
You’d better do as the doctor says and stay in bed.
 (医者の言うことを聞いて寝ていたほうがいいよ)
You’d better not think about it. (そのことは考えないほうがいいよ)
Hadn’t we better wait here a little longer?
 (私たちはもう少しここで待っていた方がよくはありませんか)
[注]
betterのかわりにbestを用いて、「〜するのが一番いい」の意味を表すこともできます。
You had best consent to undertake the work.
 (その仕事を引き受けることにするのが一番いい)


このページのTOPへ
BEFORE NEXT













[  利用規約と免責事項著作権プライバシーポリシー会社案内リンク方法お問合わせHOME  ]

メディア総合研究所
Media Research Inc.,. All rights reserved.
All other trademarks are the sole property of their respective owners.
No reproduction or republication without written permission.
本ホームページに記載の文章、画像、写真などを無断で複製することは法律で禁じられています